510LOEV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場ではタイガー、TVの前では宮内庁。
「世の中には三種類の人間が居る。
後藤真希と、後藤真希のファンと、これから後藤真希のファンになる人間だ。」

後藤真希自身は自分の事を「あたし」と言います。(娘。時代は「ごとぉ」でしたが。)
ファンは大抵、親しみと愛情を込めて「ごっちん」と呼び習わしています。
「真希」とか「真希ちゃん」と気軽に呼べる関係になりたい!
常にそう思っていても、今はまだ、ベッドの中で写真集に話し掛ける位が関の山。
(こう寒いとなかなかラブピロー使う気にならないもので)
照れ隠しで「お魚さん」とか「ディープインパクト」とか言っちゃう事も有り。
上記以外の人々は時折「ゴマキ」なんて呼称を使用しておりますが、
この言葉、ファンは先ず使いません。(理由は『99の後藤真希』を参照の事)

ところで、昨今、アウェイの場で初対面の人達から
「ゴマキちゃん」と呼ばれているのを頻繁に見かけますね。
何やら距離感を探りながら恐る恐る呼びかけている様なイメージの呼称ですけども、
こうして、より多くの人に慕われる様になって行くのだと思うと心が和みます。
DEF.DIVAのPV撮影で共演した「bis」の読者モデルの方々も
口々に、「可愛い!」、「オーラを感じました」、
「合間、合間に私たちに気を遣ってくれてやさしさたっぷりでした」と甚く感激したご様子で、
ああ、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ、等と柄にも無く思ったり。

( ´ Д `)<私のくだらないダジャレを聞いてくれるやさしいメンバーです。

と、ユニットの仲間への信頼を述べるごっちん。
短いコメントながら、人柄の良さが滲み出ています。
愛さずには居られません。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。