510LOEV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Over A to Z, Across the deep universe
あれから一ヶ月。
未だに先の見えない状況が続いておりますけれども。
後藤真希の、ハロプロメンバーとしてはラストとなったライブ、
『後藤真希LIVE TOUR 2007 G-EmotionII~How to use SEXY~』
DVDが発売された訳ですよ。


…何という演出過多。
まあ、元々が演出過剰なステージだったので、
映像化の方向性としては間違ってはいないんじゃないかと。
真上からのショットなんて滅多に見られるもんじゃないですし。
現場にモニターが無かった為に観客に充分伝わらなかった部分を
補完するという意味でも、見応えの有る画面に仕上がってますね。

先ず、高い所に立っても足が内股にならないごっちん。
夏先生に散々注意されてた欠点を克服したんだなぁ、ってのが再確認出来ます。
エキゾなDISCOの時のゴージャスなドレスに身を包んだ美しい横顔。
艶々の唇、ぷにぷにしたほっぺた。
LLCの時、下唇を噛んで気合を入れる一瞬の、悪戯小僧の様な表情。
WOW 素敵!の時の、茶目っ気に満ちた演技。
本当に惚れ惚れします。
これだけでもう、お値段分は充分元を取った感じなんですけども。
MCの合間にペットボトルの水で喉を潤す愛らしい姿まで、ガッツリ楽しめます。
(ちなみにボルヴィックだそうです。)

更に、このライブの収録日は聖誕祭だったもんですからね。
巨大なバースデイケーキの上に並んだ蝋燭の火を吹き消すのに
悪戦苦闘する様までしっかり拝める訳ですよ。
どんだけ可愛いねん。萌え死ぬっちゅーねん。
来年も再来年も、ずっとこうして祝えたら良いなぁ。

涙の星のサビの部分で感極まって歌えなくなってしまう場面では思わず貰い泣き。

ごっちん愛してるーーーーーーッ!!!!!


マキーラがカットされてたのは甚だ残念ですけれども。
音源聞いた限りではお世辞にも良い出来ではなかったので、
もっと修行して、いつかリベンジを果たして貰いたいと切に願う次第で有ります。


比較的どうでも良い話。
深めに被ったシルクハットや、鼓笛隊テイストな肩飾り等、
現場で見た時は、早川和美も高瀬敏っぽくなったなぁ、と呑気に思っていましたが。
スタッフロール観たら、今回のスタイリストは高瀬敏本人じゃないですか!
え、何? ROCKですよの再来? っつーか、ソロコンでは初めてじゃね?
と思ったけど、よく考えたら去年もそうだったのかも。(未確認。)
スポンサーサイト

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。