510LOEV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイキングDVD。
ワニブックスのロゴの付いたDVD観るのは初めてですね。
BGMがハロプロ楽曲じゃない所も、ある意味逆に新鮮です。
長さとしては15分程度。

( ´ Д `)<付けマツゲ。毛じゃないけどね…。付けマツ…バネ?

「付け睫羽根」と来ましたか。しかも、マスカラが既にして「付け睫毛」。
相変わらず自由な言語センスです。そして微妙に死語っぽい。
無邪気に影絵遊びに興じる所も、思わず抱き締めたくなる程可愛いです。
写真集本編でカットされた部分の補完的な意味合いが大きいのかな?
全体的に、処女丸出しです。
貪る様に苺を食べている所なんか、軽く萌え死ねます。
音声としては収録されていない物の、
「あぁ、また無意味な奇声発してるな。」と判る場面等も有り、大満足です。
楽しそうに仕事をしてくれていて何より。
コメントの最後に視聴者に向かって手を振る仕草も、
はにかんだ笑顔も、全てが愛おしくて堪りません。
彼女がいつまでも健康で、幸せである様に、改めて願わずには居られません。
というか、私が幸せにしたいです。
スポンサーサイト

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

先生の艶黒子。
Amazonのシステムエラーとやらのお蔭で一週間放置されてました…。


念願の『FOXY FUNGO』を漸く手に入れたぞ!
先ずは検品。付録の小冊子とDVD、ちゃんと同梱されてます。
つーか、DVDのビニールケースが邪魔でごっちんの美しいおみ足が隠れてるんですけど、
これ、綺麗に剥がせるかな…。内容はあとのお楽しみって事で、まだ開封しません。

小冊子は過去の写真集からの未公開水着ショット。
言うなれば、公式版「ごま乳の歩み」ですね。
寄せて上げなければこんなもんか…、みたいな感も無きにしも非ず。
しかし、どの写真も実にイイ表情してます。
こんな素敵な笑顔が今までお蔵入りになってたなんて勿体無い!
かなり必見ですよ、これは。

さて、いよいよ写真集を拝みますよ。
トイレに行って手を洗って、部屋の冷房入れて、Tシャツ脱いで、ティッシュ用意して。
ベッドの上で表紙にキスをしてから、徐に頁を開きます。

乳。
いきなり凄い迫力で目に飛び込んで来ました。
しっとりと濡れた髪が肌に張り付いて、堪らなくセクシーです。
右のおっぱいの上のホクロが最高に可愛い!
(これは最早、世界遺産に登録するべきではないでしょうか!)
顔の上半分が見切れていて、薄く開いた唇からは、その表情を窺い知る事は出来ません。
それにしても、圧倒的な量感…。

まあ、露出度的には従来の作品と較べてどうこうって程の物ではないです。
本当の所、肌を晒してる面積は然程多くは有りません。正直、安心しました。

そしてタイトルページ。
ダンスホールの通路で、シャンデリアを背にして立つ後藤真希。
黒のライダースジャケット。
溢Beの頃の背伸びした雰囲気と違って、ごく自然に着こなしています。
「アーティスト」がすっかり板に付いていて、ちょっと隔世の感が有りますね。
素晴らしくカッコイイです。
しかし、上着を脱ぎ捨てた途端、物凄いエロオーラが!
暗幕に溶ける髪。浮かび上がる白い肌。
淫蕩の血の封印が解かれ、この世の全てを喰らい尽くす!
この時の後藤真希の眼はとても恐ろしい色をしています。
生半可な覚悟ではとても近付けない、魔性の瞳です。

一転して樹海。芸術家のアート写真ごっこに無理やりつき合わされてる感が無きにしも非ず。
薄日の下で見せる物憂げな表情は、特別じゃない、普通の女の子です。
裸足の指がとても綺麗。

そして再びエロモードへ! (ここで一発抜きます。)

一息ついて次のシーンへ。屋外に停められた車の中。
明らかに誘っています。カーセックスをご所望の様です。
これはもう、全力でお相手させて頂くより他は有りません!

……。
満開の桜の花。
花の下に佇む少女。花に囲まれた少女。花の妖精。花の女王。花の女神。
ほんの少し角度を変えるだけで、彼女は様々な表情を見せてくれます。
そして、これらの全てが「後藤真希」を形作っているのです。
汚れを知らない、あどけない瞳。全てを慈しむ瞳。こんな美しいひとを私は他に知りません。

苺を食べます。

涼しげな部屋でまどろむ後藤真希。ごっちん可愛いよごっちん。
っていうか、何でそんなに挑発的に太腿とか胸元とか露出させて寝るかな…。
目を開けて柔らかく微笑む後藤真希。ああ、ごっちん可愛いよごっちん。鎖骨がエロいよ。

ここから暫く、スタジオ撮影と屋外でのショットが交互に続きます。
スタジオでのショットは全体的にクールでスタイリッシュ。
自信に満ちた表情がアーティストとしてのカリスマを感じさせます。
言うなればゴマキモード。やたらと達観した瞳をしています。

雪の中。メチャメチャ寒そうです。
清冽な空気の中で、彼女の真っ直ぐな心根、彼女の優しさ、
彼女の心の美しさが有り有りと浮かび上がって来ます。
ああ、その心と身体を温めてあげたい! ごっちん愛してる!

黄昏時。
焚き火の焔に照らされる後藤真希。羽毛っぽいマスカラが妖しい魅力を演出します。
悠久の時を生き、気紛れに人心を惑わせる、美しい妖怪の様です…。

まどろみから醒め、半身を起こした後藤真希。
漸く現し世に戻って来ました。おはよう、ごっちん。愛してるよ。


スタイリストは早川和美、ヘア&メイクは太田年哉&影澤妙子のタッグでしたね。
ペールライラックと白のコーディネイトとラインストーンのアクセを見たら
早川和美と思って間違いない、って感じでしょうか。
あと、防寒着のブーツが何気にお洒落です。
やっぱ、さり気なく高級な物を身に着けてるんだなぁ。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

待つ。
発売日を二日過ぎても入荷メールすら寄こさないとか有り得ない。
Amazonのバカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!
と、泣きながら本屋に行きましたが、案の定『FOXY FUNGO』は置いてませんでした。

さて、気を取り直して「UP to boy」です。
未公開カットなので要チェックなのです。

ああ、癒される…。ごっちん可愛いよごっちん。
美しい瞳に吸い込まれそうになります。
裸足のショットも、リラックスした雰囲気が出ていて、実にイイ!

( ´ Д `)<「これ、いいの??」ってかんじですよ!!
        セクシーすぎるよぅ……みたいな。

語尾に「みたいな」が付くのは照れ隠ししている時の癖ですね。
これは相当気合入れて臨んだんでしょうな。
あんまりそっち方面に無理して欲しくないんですけども…。

( ´ Д `)<メイクなどナチュラルなイメージのところも好きですよ。
        素顔の自分を出せているかんじで。

そうそう、この感じですよ!
素顔の後藤真希が見たいんですよ!
慣れた手つきで2ホールのケーキを作り上げ、
1ホールを独りでぺろりと平らげる後藤真希が見たいんですよ!

そりゃそうと、新曲のタイトルは『SOME BOY! TOUCH』で確定なんですかね。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

ガツガツ踊る。
「@ぴあ」に秋コン情報と共にビデオメッセージ。

元気そうで何より。
一年ぶりのソロライブを待ち焦がれているのは
ごっちんもファンも同じ気持ちなんだってのが再確認出来て、ちょっと幸せな気分になります。
誰もが終始笑顔で居られる、良いライブに、素敵なライブにしたいですね。
このまま追加が無ければ大阪が千秋楽になるんで、地元民としては一層気合が入ります。

あと、今年は聖誕祭が無さげなので、個人的にお祝いのメッセージを事務所に贈らなくては。
直接は見られなくも、ごっちんが笑顔になってくれるなら、何でもしますよ。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

ゴマキいうな
サンスポデイリー等に『FOXY FUNGO』の宣伝記事。
画像も各所で散見されるようになって来ました。これが表紙なんかな?
まあ、内容については発売されてからじっくり語るとして。
今は今しか書けない事を。

( ´ Д `)<今回は『大人になりました!』っていう感じの作品になったと思います。
        こんな“後藤真希”も大事に見てくれるとうれしいです。

何て愛らしいコメントでしょう!
自身の美貌に対する自負とコンプレックス、屈折した自己愛、責任感、謙虚さ、誠実さ…。
そういった諸々が、貧弱な語彙を通してリアルに伝わって来ます。
こんなに美しい心を持った女性は、そうそう居やしませんよ。

ああ、勿論、大事に見るよ! 大切にするよ! 愛してるよ、ごっちん!

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

四神。
楽天イーグルスTVとやらでDEF.DIVAのPVらしき物が観れますね。
四人並ぶと、ごっちんが一番背が高いのが改めて判ります。
しかし突出して目立っているかというとそうでもなく、
四人が四人ともイイ感じに均衡を保っている、安定感の有るユニットですよね。
シングルVとか出ないんかな。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

木曜なのに金曜。
今日売りの「FRIDAY」に『FOXY FUNGO』からの先行カット。
僅か3ページですが、今回も良い感じの仕上がりになってるのが伝わって来ますね。
引き締まったボディ、自信と慈愛に満ちた美しい瞳。やっぱり最高にイイ女ですよ、後藤真希は。
とりあえず、使う用と保存用に二冊買いました。(無論、写真集の方もとっくに予約済みですよ。)

撮影は西田幸樹。『Dear…』でスタジオ撮影の方を担当していた人ですね。
過剰なまでのメイクで幻想的な雰囲気を演出してました。
後藤真希って人は、存在そのものが、ある意味ファンタジーなんだってぇ感じで、
それはもう素晴らしく美しかった訳で。
(個人的にはくぼたあきひとが撮ったバージョンの方がナチュラルで好きですけどね)
因みにその時のスタッフはスタイリスト:高瀬敏、ヘア&メイク:太田年哉でした。
今回のはまだ明らかになっていませんが、「FRIDAY」の写真を見た限りでは、
スタイリスト:早川和美、ヘア&メイク:影澤妙子って感じですね…。
や、ただの勘ですけど。全体のテイストが何となく、ね。

ところで、比較的どうでもいい事ですが、
「ファン騒然! ゴマキが脱アイドル宣言」って煽り文句はちょっと面白いですね。
先ず、ファンは「ゴマキ」なんて絶対言いませんし、
今更宣言されなくても後藤真希を「アイドル」だなんて思ってません。
既に立派な歌手であり、アーティストですから。
それに、年季の入ったファンは滅多な事では「騒然」とはしません。
しかし、この煽りのお蔭でファン以外の人間からの注目が集まり、
結果的に若干騒然とした様な雰囲気が形成された感があるのが痛快でした。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

EAST MEETS WEST。
ハロプロアワー#12
ORICON STYLEでガラパンの宣伝コメントしてた時の映像と同じ衣装と髪型。
収録されたのは5月頃でしょうか。

オープニングは生楽器の伴奏でしっとりと歌い上げる『ALL MY LOVE ~22世紀~』。
思わず聴き惚れてしまいますね。本当に、大人の歌手になったなぁ。

今回はごっちんがMCって事で、まっつーをゲストに迎えての放送な訳ですけども。

( ´ Д `)<今日は素な感じで、いっぱい喋っていきますよ。大丈夫ですか。
从‘ 。‘)<良いんですか? イメージ悪くなるよ?
( ;´ Д `)<え? いや…、じゃあ、多少、素な感じで!
从‘ ∀‘)<否定しないんですけど(笑)。

案の定、初っ端から先制パンチ食らってますよ。全く、先が思いやられますな。
今でこそ打ち解けていますが、ごまっとうの頃などは余り親しく接する事も無かったらしく。

( ´ Д `)<ま、でも、第一印象は、
        何かこう、小っちゃいなーとか、可愛いなーって感じが有って。
        あとは、一才年下だったから、
        何かこう、一才だけど若いなーとか思ってみたりとかは有ったけど。
        どんなイメージだった? 逆に。
从‘ 。‘)<ぅわ、何処のヤンキーだ? って思ったよ。
       すっごいこの人インパクト有るなって思った。
( ;´ Д `)<マジで?

久々のMCに緊張しているのか昔懐かしい口癖を連発しているごっちんに対して、
まっつーの容赦無い言葉が浴びせられます。
予想出来た事態とはいえ、完全にワンサイドゲームじゃないですか!
江戸川のお姫様は、姫路の人の頭の回転の速さに付いて行けてません。
ま、そういう所が可愛いんで、無問題ですけどね。

しかし、いつまでも圧されっ放しでは有りません。
映像を観ながら思い出話を語るコーナーでは、
ごっちん独特の言語感覚がまっつーを翻弄します。

( ´ Д `)<あれを見て、「はあ~ん」って思った。
从‘ 。‘)<何? 「はあ~ん」って何? 「はあ~ん」をちゃんと説明してください。
( ´ Д `)<あのね、特典映像とか有るでしょ。あれも、「お! スゲ!」って思った。
从‘ 。‘)<何がだから凄いの? って、それじゃあ分かりづらい。
( ´ Д `)<何かね、こう、ワサワサしてるなぁ、みたいな。
从‘ 。‘)<分かんないよ、それじゃ!

この時のごっちんの表情がまた、やたらと愉しげで。
観てるこっちまで幸せな気分になります。最高ですな。


菅谷梨沙子との似顔絵交換を挿んで後半へ。


後半のトークでは、将来の野望を訊ねられ、「良い母ちゃんになる」と答えるごっちん。
「子供は三人か四人位欲しい」との事。
任せて! 孕ますよ! 頑張って良い父ちゃんになるよ!
絶対幸せにするよ! だから結婚しよう! ごっちん愛してるよ!

まっつーのリクエストで物真似を披露するごっちん。
例によってバカ殿。三年前から全くレパートリーに変化が無い様です。
しかも「最近良くやってる」とか。また「最近」かよ!

そして最後は二人でメモ青を熱唱。
後藤真希と松浦亜弥は声の相性が良い様で、
互いに無理なく自分の領域で唄いつつ、自然なハーモニーを紡ぎ出しています。
それにしても、発声のシステム自体が違う構造してるんじゃないかと思う位、
異なった歌唱スタイルですね。芸風が被らなくて何よりです。
これからも、切磋琢磨し合える良い関係の二人で居てください。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

39℃とか。
GyaOの『道徳女子短大 エコ研』第二話「39℃」
「PVを意識したエキセントリックな映像とファッション、
そしてシュールなストーリー展開は必見です!」と謳っていますけども。
意外と普通、というか、官製の教材ビデオの如きベタさ加減ですね…。
回想シーンを全く使わず、台詞だけで過去の事象を説明する手法が
ちょっと『ナマタマゴ』を彷彿とさせたり。

ごっちんは主役というより「脚線美&アンニュイな表情担当」といった趣き。
まあ一応、適材適所なんではないかと。
30分足らずの内容で、何の事は無いお話ですけども、
「ごっちんは良い子だなぁ」って事だけは充分伝わってます。
(因みにスタイリストは三枝桃子さん。ググっても詳細は分りませんでした。
ヘア&メイクはNEXTの影澤妙子さん。そう思って見ると所々『指』っぽいかも。)
(2007.11.01追記。どうやらこの人みたい。
http://ct.girlswalker.com/toyota/vol3/saegusa.html

所属してるのは此処。
http://adx-jp.com/index
)


同じくGyaOで現在配信中の『ハロプロアワー』#11
松浦亜弥スペシャルライブin上海Vol.2にも、
ごっちんがチラッとVTR出演してますね。
要するに「お土産買って来て!」って言ってるだけなんですけども。
まっつーとは気兼ねなくこういうやり取りが出来るんだなぁ、
と、互いの信頼関係が垣間見えてほのぼのしました。
(金色の招き猫を購入するまっつーのセンスは些か疑問ですけど。)
8月4日から配信予定の#12ではいよいよ後藤真希がMCを務めるそうで。
ゲストは松浦亜弥と菅谷梨沙子。上海の土産話も聞けるのでしょうか。楽しみです。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。