510LOEV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根か…。
どうやらHPPも無事に終了した様ですね。
お疲れ様でした。また会えるのを楽しみにしています。今度はソロコンが良いな。


かつてのPOPJAMの補完的な位置付けのNHKの音楽番組、『ミュージックエクスプレス』
トップバッターで歌披露のみの出演でしたが、何気に良かったですよね。
POPJAMの名物だった「迷惑な観覧客」の声も入ってませんでしたし。
それにしても「天下のゴマキ」って…。まあ悪気は無いんでしょうけども。
(公式サイトに上がってるアー写がインマラの時のなのは何故?)


「Boon」表紙&インタビュー。何故かオリエンタルラジオとの鼎談形式。
例によって言い寄って来る男達を軽く受け流し、天性の魔性っぷりを見せ付けてくれています。
それにしても最近は口を開けばハンバーグの自慢ばかりしてますね、この処女は。
スタイリングは早川和美、ヘア&メイクは影澤妙子。
緩めの巻き髪がエレガントな雰囲気を醸し出していて、とても素敵です。
スポンサーサイト

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

MUSIC STATION。
単独でのMステ出演は二年ぶりになりますか。
(長かった…。毎週リクエストした甲斐が有ったという物です。)
何でこうリリースから微妙に空いたタイミングなのかは気にしない方向で。

ゲストの人数が多いので持ち時間短めですが、
登場時の挨拶で必要最小限のトークは一応出来ていましたね。
座り位置がまた常に見切れてる感じでアレなんですけども。
喉元に鱗の様に銀色のラメシールを施しているので、
ちょっと爬虫類っぽくてドキドキします。衣装は例の赤い奴。
モーニング娘。を卒業する紺野と小川に先輩として一言、と水を向けられてましたが、
ごっちんは別にハローから離れた訳じゃないんで、大してアドバイスする事も無いですわな。

それにしても歌短ッ! あんなんであの歌の良さは伝わるのか? 伝わったのか?

あと、歌い終わって席に戻ってから、脚を組んで座ってたのが気になります。
「月刊Songs」のインタビュー記事でも言及してましたが、
やはりHPPでの疲れが腰に来ているんでしょうね…。
ツアーも大詰め、無理をしないように、最後まで怪我無く過ごして欲しいものです。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

爽やかフレッシュ~♪
シングルV『ガラスのパンプス』
まあ、PV自体はもう既に散々見てるので今更語る事も大して無いのですが、
一応改めて言って置きますと。
「男性ダンサーが邪魔!」この一言に尽きます。
正直、目障り以外の何物でも有りません。
『抱いてよ! PLEASE GO ON!』のPVに挿入されていた
『青春ばかちん料理塾』の映像と同じ位邪魔です。
商品価値が著しく減衰しています。510点満点で言えば、255点位にはなっちゃってますね。

しかしこのシングルVには久し振りにDance Shot Ver.が収録されているので、
そっちの方では後藤真希の華麗なダンステクニックを割と堪能出来ます。
エロとか関係無く純粋にカッコイイ後藤真希を楽しめます。

そして何と言っても、この手の商品で一番のお楽しみはメイキング映像な訳ですが。
今回も素晴らしく面白いです。
初っ端から

( ´ Д `)<寒い~。さようならお疲れ様でした。今日は寒いんで帰ります、さようなら…

と愚図ってみせるごっちんが可愛過ぎます。
(何だかんだ言っても実際は真面目に仕事してますし。)

ジャケットの背景のビル群は大川端リバーシティ21らしいですね。
何やら良いビルがいっぱい立ち並んでいて、建築フェチ的にはかなりグッと来ます。
そして、そんなビル群を背にして、衣装の胸元を気にしながら撮影に臨むごっちん。
何て素晴らしい光景でしょう! これ以上萌えるシチュエーションが有りましょうか!
まあ兎に角最高です。

PV撮影の合間にも、ごっちんはカメラに向かって一生懸命語りかけて来てくれます。

( ´ Д `)<先程イメージショットという事で。
        化粧室の、ホントは化粧室…化粧室じゃないです、
        けしょ…ホントは化粧室なんですけど(笑)。
        鏡の有る所で。ま、ガラスのパンプスの「ガラス」を掛けたんでしょうね、
        撮影なんかをしてみたり、しちゃったり、してみたり、しちゃったりしたんですが。

落ち着け! どっちなんだ! 広川太一郎みたいになってるぞ! 
今年で21歳になろうかというのに何ですかこの初々しさ加減は!
全く、これだからこの子は目が離せませんよ。

あと、何気にカップリングの『LOVE缶コーヒー』にも言及しています。
新鮮というか商魂逞しいというか。何にしても良い事です。

( ´ Д `)<ぶどうジュースが~♪

(カップリングは毎回名曲揃いなので、もっと宣伝して欲しいですね。)

セットチェンジして、ビー玉を敷き詰めた床の上で寝っ転がるシーンの撮影に。
この部分が結構長い。画面上にはごっちんのアップだけ。
潤んだ瞳、艶っぽい唇、衣装の隙間から覗く白い谷間…。
堪らなくエロティックです。ぶっちゃけ、このシーンだけで抜けます。

( ´ Д `)<色っぽかったですか? 色っぽかった?
        色っぺかっ…、 色っぺえ?
        ん、まあそんな、今のはちょっと違うけど(笑)

…ん。無理しないでいいよー。
そのままの君が好きだからね。愛してるよ、真希。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

やっぱ夏木マリは凄えな…。
『MUSIC FAIR21』
こうしてアウェイの場で、大御所と協演する機会を設けて頂けるのは大変有り難い事です。
後藤真希は基本的に人見知りですけど、歌唄いとしては常に真剣勝負、
誰かに後れを取る様な真似は絶対にしないという気概を持っている子です。
期待されれば必ず応える子です。今回も良いパフォーマンスでした。

ガラパンに関しては…、
音楽戦士やハロモニ。に較べればダンスパートをしっかり映してくれている感じはしましたね。
まあ、TVサイズではあのダンスの真の凄さは伝わらないでしょうけども。
あと、あの男性ダンサーがごっちんの太腿に触れる度に
湧き上がる殺意に気が狂いそうになるのですが、
今回は手の位置が若干下がっているというか、
ギリギリの所でカットが切り替わっていたので多少救われました。

ごっちん本人の表情も妖艶さが抑えられ気味で、
最後の方なんか随分子供っぽい笑みになっちゃってましたけど、これはこれで全然有りです。
というか、むしろ大歓迎です。
この辺りの微妙な雰囲気作りを意識的にコントロール出来る狡猾な女。
それでこそ後藤真希です。

そして、トークの場では先輩に手も無く捻られるヘタレ処女。
ごっちん大好きだよ! いつまでもそのままで居てね!

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

あなたにモーニングコールしてぇ~。
『ハロプロやねん!』。面白過ぎです。
どんだけ釣る気満々なんでしょうか、あの処女は!
2ch語丸出しとか聴いてる方が恥ずかしいんで、ちょっとどうにかして頂きたい。
その辺り、自覚有るのかな? まあね、微笑ましいんですけどね。
そもそも何であんな口調になっちまってるんでしょう。(狼は2chじゃないですよ!)

発言内容も実に天真爛漫というか、天衣無縫にも程が有ります。
他メンに関する発言は確かに些か不用意な部分がございました。
しかし、本人に悪気は全く無いので関係各位の皆様は何卒大目に見てやってください。
アレも信頼関係の表れ、って事で一つ。

メイクさんからヒラメとかカレイとか言われてるって話、
前にもどっかで聴いた様な気がしますが、よっぽど気にしてるんですかね。

( ` Д ´)<まあ、人間なんで一応。

…わかっとるがな。可愛いんだから堂々としてたらええねん。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

H★PP! 2006 DVD MAGAZINE Vol.2とか。
『H★PP! 2006 DVD MAGAZINE Vol.2』。
ツアー開始を前にしてメンバーがパーティを開いちゃいました的なアレ。
美勇伝は何故かごっちんとは完全に別行動で美勇伝だけのパーティを楽しんでました。
仕方なく辻ちゃんと二人だけのささやかなパーティに興じるごっちん。
撮影場所はどうやらハロプロアワーと同じ所ですね。

去年の紅白の思い出話に花を咲かせたり、他愛も無いゲームに熱くなったり、ケーキ食ったり。
まあ、概ね緩い内容のDVDです。
ごっちん「あっち向いてホイ」弱過ぎ。どんだけ素直やねんな。
あと、辻ちゃんから見たごっちんのイメージは「一日一個はアイス食べてる」らしいです。
この時はクッキー&クリームに嵌まってたんやね…。
本当に、食べ物ネタには事欠かない子ですな。ごっちん可愛いよごっちん。


ところで、瑣末な事ですが、この北海道ニュースの記事
「ソロになってすぐにテレビのロケで帯広を訪れた。」と書かれてますけども。
これ、内容読んでると、どうもハロモニ。北海道ロケの事を指してるっぽいです。
アレは確か卒業発表直後の撮影で、まだ娘。に在籍中だった筈ですが。
ある意味「卒業旅行」的な趣きの企画でした。やっぱり、思い出深いんでしょうね…。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

H★PP! 2006 DVD MAGAZINE Vol.3。
どういうつもりでこんな通し番号が付けられているのか全く解りません。
とにかく今回のツアーグッズとしてはDVDマガジンの2と3が出てる訳です。
で、時系列順に観ようとすると3が先なんです。

Vol.3は「昨年のツアーを振り返る」という主旨でまとめられたDVD。
今回のHPP自体とは全く何の関わりも無い映像ばかりです。

『後藤真希コンサートツアー2005秋~はたち~』。
あの輝かしいツアーの思い出。やっぱり、ソロコンは良いなぁ。
合同形式の物とは全然違うんですよ。特に、後藤真希のライブは。
「ごまコンはセックスに等しい」って、昔から言うじゃないですか。
アレは決して大袈裟じゃなくて、実に的確な表現だと思っています。
卑猥な意味で捉えられがちですけどね、実際の所、そういう側面は然して重要じゃないんです。
後藤真希とファンとが全力でぶつかり合う、一対一の魂の交歓なんですよ。
会場全体が一つになって同じ高みに昇り詰める、神聖な儀式の場なんです。
後藤真希の為に生き、後藤真希の為に死ぬ、それだけが望み。
そんな私達の為に、後藤真希は最高のパフォーマンスを見せてくれるんです。

千秋楽の最後に、ファンとの別れを惜しんで涙ぐむごっちん。
あの泣き虫なお姫様を、誰が放って置けましょうか!


今日もネット上には有形無形の悪意が渦巻き、
人の心を傷つける根も葉もない噂がばら撒かれておりますが、
後藤真希こそ真実、後藤真希こそ全て、後藤真希こそ我が命、なのですよ。

ごっちん愛してる!

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

HPP奈良、昼。
いやー、奈良は遠かった!
学研都市線と関西本線乗り継いで行ったんですが、あの辺り単線なんですね…。
対向列車の通過待ちに時間を取られて、結局5分位遅刻しちまいましたよ。一生の不覚!

まあ、一曲目の前半をロスしただけで、然したる被害ではなかったのが不幸中の幸いでした。
(個人的には今期はこの公演だけの参戦ですが、
ツアーも終盤ですし、セットリストは一応既に知ってました)

ネタバレ含む詳細は下記の通り。


[READ MORE...]

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

コメント動画。
BARKSとか。ネット上でも様々な所で宣伝活動が展開されている様で。
何処かでまとめ撮りしたのか、衣装も髪型も背景も同じ物ばかりで、
内容的にも「○○をご覧の皆さん、こんにちはぁ、ごとぉまきでぇす」の部分以外は
然して変わらないのが大半ですけども、露出が多いのは喜ばしい事です。

Cheek Onlineのは収録日の関係かちょっと感じが違いますね。
お団子ヘアが新鮮でとても可愛いです。
しかし、ここでもまた「映画の原作小説を読んでる」って…。
ごっちん…。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

ガラスのパンパス。
ごっちんが前々から出たがっているけれど、
なかなか出られないラジオ番組、『ちゃんちゃか★チャーミー!』

今回も例によって別録りのコメントのみ。
現在上映中の映画『GOAL!』を一緒に観に行こうと約束して
原作小説を梨華ちゃんに借りた物の、
難しい漢字が多くてなかなか読めないとの事。

しかし、そうこうしているうちに、
梨華ちゃんは待ち切れなくて独りで映画観に行っちゃったのだった!
酷いよ梨華ちゃん! 『ダ・ヴィンチ・コード』の時の仕返しかよ!
お互い忙しいんでしょうけど、たまには一緒に遊んであげてください…。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

誤・「鮪」 → 正・「タイガー」
「sabura」にインタビュー記事。(何か今回、初めて買う様な雑誌ばっかし…)

( ´ Д `)<本当はライブでも辻(希美)ちゃんみたいにふたつ結びの髪型もしたい。
        でも“大人っぽくしなきゃいけないのかな”って髪型に関してはいつも悩みます。
        年齢とともにふたつ結びの位置が変わって、上のほうに上がってきています(笑)

んー、無理に大人っぽく振る舞おうとしなくても良いよ。
まあ確かに、今のごっちんなら高い位置で結んだほうが似合うとは思うけど。
(っていうか、個人的にはそっちの方が可愛くて好きです)

HPPのセットリストで『エキゾなDISCO』の話してる所を見ると、
インタビューが行われたのは四月中でしょうか。
相変わらずビビン麺食べてますし。(最近は専ら「野菜焼き」の話ばかり)
あと、お酒の話になると必ず「梅酒」って言いますね、この子は。


スタッフに関しては
「HAIR&MAKE-UP/NAP STYLING/KAZUMI HAYAKAWA」
と表記されてます。NAPってのは毎度お馴染み、美舟さんの所ですね。
しかし美舟さんの名前が無いって事はご本人が担当したのではないのでしょうか。
だとすると、こっちも世代交代?

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

しくった! すっかりしくった!
新曲の発売日ってぇと、大概大阪に来てくれるんですよ、後藤真希は。
で、『ちちんぷいぷい』という、延々と井戸端会議をやってる様な雰囲気の
緩~い情報番組に出て、宣伝をして帰って行くのが恒例になっておるのですよ。
現在、この番組は14時から17時50分まで放送されているのですが、
ゲストが出演するのは大抵5時以降だけなんです。

が! 今日に限って番組開始から出てるなんて!
お蔭で気付くのが遅れて30分程見逃しましたがな。結局、出演時間は15時過ぎまで。
この時間帯って暇を持て余した主婦とニート位しか観てないんじゃないの?
シングル買ってくれるんかな…。(ちなみに5時台は関ジャニがゲスト。)

で、今日のごっちんはというと。泉州名物「水なす」の料理を食ってました。
司会者からわざわざ、「昔、棘で怪我した事あるっていう風に何か…」と振って貰って、

( ´ Д `)<そうなんですよ。
        ファミレスで、あの、何ていうの和風ハンバーグに添えてある奴を食べたら。
        茄子のヘタ? の部分にトゲが有るみたいで。咽喉に刺さってぇ…。

と、例によって散々既出の話をさもついこの間の事の様に話してました。
正に後藤真希クオリティ。愛しい。

追記:改めて観返してみると、「茄子のヘタ」と言ってる時、自分の頭を指差していますね。
そういえば『アロハロ!2』の中でも「牡蠣のココん所」と言って自分のお腹を指していました。
どうもそうやって自分の体の部位を指し示す事で説明を補足しようとする癖が有る様です。
多分無意識なんでしょうけど、実に後藤真希らしいと言うか何と言うか…。可愛いです。
あと、「大人のお洒落」のつもりなのか、やたら目立つ腕時計をしてるのが面白いですね。
(7月15日追記:どうやらCHANELのJ12ホワイトセラミックって奴みたいですね。
似た様な外見のがいっぱい有って型番までは特定出来ませんけど。)


「TVガイド」の‘100%ハロプロ’のページにも後藤真希が登場してます。
艶々の唇が堪らなく綺麗です。本当に、大人っぽくなりましたよね…。
hair&makeは影澤妙子さん、stylingはtammyさん。
やっぱり去年の暮れ頃から影澤さんの比率が明らかに上がってます。
tammyさんってのは余り馴染みの無い名前ですが、
確か、GyaOのハロプロアワーでスタイリングやってる人ですよね。
このバリエーションの多さは一体どういう風の吹き回しなんでしょう。
しかしまあ、色々な後藤真希が見られるってのは嬉しい事です。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

最速。
先ず「GETON!」。所謂男性向けファッション誌。
今回のパブリシティは明白に成人男性にターゲットを絞って来ていますね。

「あの後藤真希ちゃんが夏のモテヘッドウェアをリコメンド!!」という意味不明の煽りで、
帽子について語ってます。普段はキャスケットが多いとか、ハットタイプは初めてだとか。
確かに、記憶に無いですね。『やる気! IT'S EASY』のPV位でしょうか。
ってな訳で、ちょっと珍しいごっちんが見れます。
顔の右側からのショットなのもレア度高いです。
緩い三つ編みがメチャメチャ可愛いです。
(スタイリングは早川和美、ヘア&メイクは美舟。)
あと、瑣末な事ですがプロフィール欄の加入時の年齢間違ってますね。正しくは13歳。


さて。本日のメインディッシュ『ガラスのパンプス』でございます。
近所の新星堂で予約したのを引取り、その場で開封、外れを確認しました。
まあ、ヲタだけで買占められて一般人の手に渡らない状況は本意ではないので、
必死になるのは止めときます。

そんな事より、何なんですか、この歌詞カードは! ジャケット以上にエロエロじゃないですか!
そりゃごっちんも「こぼれちゃう!」とか思うわ! フトモモもムチムチやし。
ええ、速攻で抜きました。歌詞カードで抜いたのは初めてです。

ところで、散々世話になっといて何ですが、
あの事務所は処女に何てカッコさせとるんでしょうか。
青少年の健全な育成に…、まあいいや。
兎に角、色んな意味で画期的というか、今までに無いタイプのシングルですな。
ジャケットデザインのスタッフは下記の通り。

Art Direction&Design:AKIHIRO KUBO(bahaty)
Photograph:DAISUKE KAJIYAMA(blue inc.)
Stylist:KAZUMI HAYAKAWA
Hair&Make-up:TOSHIYA OHTA(NEXT)

ちょっと気になったんで過去のシングルを引っ張り出してみたんですが、
スタッフ表記は有ったり無かったりで統一されてないんですね。
見た感じ、特に目新しい起用ではない様です。
というか、太田年哉だったのか! 判んないもんですねぇ…。
(横浜蜃気楼の時はまだmaroonbrandの所属でした。)
因みに、原色GALの時にバッサリ切ったごっちんの髪。
胸元に掛かってるのはエクステだそうです。
某ラジオで「これって地毛ですよね?」と訊かれた際に、

( ´ Д `)<嘘っこですよぁ。

と答えていました。今は鎖骨の下の辺りまで伸びて来たとの事。

で。
やけにキラキラした盤面を一頻り愛でてから徐にCDプレイヤーにセットして聴く訳ですよ。
聴きまくる訳ですよ。うっとりする訳ですよ。癒される訳ですよ。
カップリングの『LOVE缶コーヒー』は、
原色GALのカップリングだった『恋人募集中』にちょっと似てるかな。
コーラスも後藤真希本人なので、インストバージョンまで余す所無く楽しめます。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

TV。
GyaOのRANK'n SHUFFLEにコメント映像。
一応番組の目玉的な扱いの様で、有り難い限りです。
特に目新しい発言は有りませんが、
今までやたらと「魔性さ」と言っていたのに
今回は「魔性っぽさ」になっているのがちょっと可笑しいですね。
普通に「魔性」では駄目なのか。

あと、ごっちん的にはガラパンはつんく節が抑え気味らしいです。
私にはその辺は全く解らないんですけども。


『音楽戦士』はトーク無しのスタジオライブのみ。
歌衣装は赤のセパレート。まあ実に何と言うか、微妙な感じでは有ります。
いや決して悪いという訳ではないんですけどもね、もう少しその、まあ良いや。

そんな事より、ごっちんのフトモモがッ! フトモモがッ!
ああッ! 憎い! あのダンサーが憎い!

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能

「BiDaN」。
はい、そんな訳で「BiDaN」買って参りましたよ。
(こういう機会でもない限り絶対手に取らないタイプの雑誌ですな)

スタイリング:早川和美、ヘア&メイク:影澤妙子(NEXT)。
白、ラベンダー、ブラウンの組み合わせで全体に軽やかな仕上がり。
すらりと伸びた脚線美が健康的な色香を漂わせています。
アクセサリーは最近本人もお気に入りというゴールド。
最強ですね。メチャメチャ可愛いですよね。
ごっちんの柔らかな表情が、見る者の心を和ませますね。

( ´ Д `)<強く歌う部分、溜めて歌う部分、力を抜いて歌う部分などの
        ニュアンスがちょっと難しいかな。

何故男性向けファッション誌が「歌うときのアドバイス」を訊いたのか定かでは有りませんが、
実にプロフェッショナル然とした、簡潔にして的確な答えですな。

キャプテンコンに関しては、

( ´ Д `)<ちょっと自信が無かったり、不安に思っているときでも、
        大丈夫! 後藤真希ならできる! と、自分に言い聞かせるようにしています。

何と申しましょうか、こういうの読むと、居ても立ってもいられない気持ちになります。
後藤真希自身にとっても「後藤真希」という看板が重要な意味を持っているのだなぁ、と。
ああ、少しでも彼女を支えてあげたい! 力になりたい!
励まし、勇気付け、心を癒す存在になりたい!
ごっちんには、いつも元気を貰ってますからね。

「今後、挑戦してみたいことは?」という問いに対して

( ´ Д `)<海外で、普通に一般のお客さんが入るライブをやってみたいです!
        現地の言葉でMCができたら最高ですね。
        そのためにもいまから英語や韓国語をおぼえなきゃ!!

いつも前向きで頑張り屋さんなごっちん。愛してるよ。
私に何が出来るか判らないけれど、とにかく応援してる。

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。