510LOEV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS.ヴォーパルバニー。
天晴れ! 道重、でかしたぞ。私は今猛烈に感動した。ローレライながら見事な毒舌。
的確でフレキシブル、かつドメスティックバイオレンスな、新世紀の司会っぷりじゃ。

さて、『ハロプロアワー』ですけども。
ごっちんに司会のスキルはまるっきり無いので、
ゲストとして出演するのは当然として。(まあ、歌手ですからね!)
道重さゆみと一体どんな会話を繰り広げてくれるのか、非常に楽しみだった訳です。
あの不気味な程ナルシストの後輩から、芸能人として学ぶ事は多い筈ですから。
まあ、ごっちんが何を得たのかは後になって見なければ判りませんが、
少なからず衝撃的な出逢いでは有った様で、観ていて痛快でしたね。

「部屋にポスターを飾っていました」と喜ばせておいて、
それに「落書きしてました」なんて、なかなか言えませんよ普通は。
「さすが金髪ですね」ってのもお見事。
まあ、慕われているのは良い事です。

しかしトークとしては「初顔合わせ」以外の要素は皆無に近く、
話のネタに困って早々とVTRに頼っている始末。(しかも既出の商品の宣伝)
やはり多くを期待するのは無理か…。

まあ、トークに関してはあんなもんでしょう。
それよりも歌ですよ歌! 生楽器付きでの『涙の星』! 正に感涙モノです。
アルバム曲なのでTV等では披露した事が無く、非ヲタには馴染みが薄いと思われますが、
後藤真希にとってもファンにとっても思い入れの深い曲ですからね。
っつーか、生楽器は去年のディナーショー以来なんじゃないですかね。
ええ兎に角感動的でした。
スポンサーサイト

テーマ:後藤真希 - ジャンル:アイドル・芸能





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。